電話占いはよく当たる?

- 占いの意義

占いの意義

占いは昔から人気があります。電話占いが普及してからは更に人気は増すばかりです。
なぜこれほど多くの人が占いに夢中になるのでしょうか。今回は占いを受ける意義を考えてみたいと思います。

なぜ占いを受けるのか

やはり人々が占いを受けるのは“幸せになりたい”、“幸せになるにはどうすれば良いか知りたい”という思いからではないでしょうか。
占いでとても多い悩み相談。
これも相談して不安を取り除きたい、答えを出してもらって安心したいなど、今より少しでも良い状態になりたい(少しでも幸せになりたい)という思いからだといえるでしょう。

占いの意義とは/人は占いに何を求めるのか。

占いの最大の意義とはなんでしょうか。
それは自分にとって極めて公平で客観的な立場の人間(占い師)が、自分の悩み事に対して、公平で客観的な方法(霊感タロットや生年月日など)で答えやヒントを出し、ポジティブな言葉を与えてくれる事にあるのではないでしょうか。
人は誰もが悩み事を抱えています。そして誰もがその悩みを誰かに相談したい。
しかし人は悩みが深刻であれば深刻な程、知人には相談するのが難しくなるものです。
それが家族や友人であったとしてもです。
なぜなら知人は自分に対して既に何らかの感情や先入観を持っているから。
どうしても悩みに対するアドバイスにその感情が混じってしまう。もしくは混じっていると疑ってしまう。
家族や親友に相談してアドバイスをもらっても、気を使って本音とは違うアドバイスをくれているのかもしれないと疑ってしまうかもしれません。
公平な誰かに相談したい。公平な上でできればポジティブなアドバイスがほしい。
何とも都合のいい願いに聞こえますが、みな似たような思いを持っているのではないでしょうか。
そしてその思いを今最も手軽に叶えてくれるのが、占いなのかもしれません。
対面式の占いも魅力ですが、自分の顔も素性知られない電話占いであればその公平性や客観性は更に感じる事ができるでしょう。
人々の悩みが複雑化している現代において電話占いが人気あるのも当然なのかもしれません。

占い師は自分にとって公平で客観的な立場か親身になって相談に乗ってくれる人。
そういった見方をすると占いもより一層面白いものに感じてきませんか?

関連する記事