電話占いはよく当たる?

- 占いを受ける時の心がまえ

占いを受ける時の心がまえ

自分の運勢や未来を案じてもらう占い。悩みの相談をする人も多いでしょう。
でも占いの結果が必ずしも期待しているものになるとは限りませんよね。
占いにどのような事を期待して、その結果とどう向き合えばいいのでしょう。
今回は占いを受ける上での心構えについてお話をしたいと思います。

占い師との縁を信じること

例えば電話占いで占い師に相談をする。数多くの占い師がいる中で、貴方がその日その時間にその占い師と話す事になるのは奇跡的な確率です。
何かの縁があったということです。占い師がどんな方であったとしてもその縁を信じましょう。
その奇跡的な縁から紡がれる言葉というのは、貴方にとって必ず意味のあるものなると信じましょう。

肯定的に解釈すること・言葉を道しるべとして捉えること

大切なのは、占いがどんな結果であっても肯定的に捉える事です。
たとえ期待と異なる答えであったとしてもです。
例えば占い師に別れた恋人との復縁可否を占ってもらったとします。
勿論復縁できる事を期待しての相談でしたが、占いの結果は絶対復縁できないというものでした。
それでも視点を変えれば良い面はたくさんあります。
復縁の為に使われる時間やエネルギーを有効に使える、より素敵な恋人と出会うチャンスになる、などいくらでも良い面があるでしょう。
占い師の言葉を答えとするのではなく、貴重な道しるべとして力強く自分で人生を歩んでいくきっかけにする姿勢が大切です。
何事も表裏一体。何かを得れば何かを失う。逆に何かを失えば新しい何かを得ているものです。
失ったものも得たものも目に見えるものとは限りません。何を失って何を得たのかを自らポジティブに考える事が大切ではないでしょうか。

迷いが生じた時に占い師に相談する。
時には暗い道を照らしてもらい、時には背中を押してもらう。
それをきっかけにしてまた自分の人生を歩んでいく。
まるで占い師は貴方の人生の節々で出会う道先案内人のようですね。

関連する記事